ゲスの極み乙女川谷絵音の事務所からハシゴ外しで再契約無し

この記事は3分で読めます

ゲスの極み乙女

今月の上旬についに休業に入ったゲスの極み乙女と
インディゴラエンドら率いる川谷絵音ら両バンドが
所属事務所との契約更新をしない事が発覚した。

インディーズ時代からデビューした彼らを支え続けた
事務所のこのタイミングでの再契約無しの合意発表に
とてつもない違和感を感じながら一体何があったのか?

休業から復帰への道筋も立っていないゲスと川谷絵音
らの復帰とそれをサポートする事務所候補はどこなのか?
を追ってみよう。




Sponsored Link

ゲスの極み乙女川谷絵音の事務所再契約無し

今年は年初めから何かと話題に事なりなかった
ゲスの極み乙女の川谷絵音事えのぴょん率いる
インディゴの両バンドが12月3日の活動自粛
なってから休業状態の今、彼らを支えた事務所から
再契約無しが報道される。

デビューから今年のベッキーとの不倫、えのぴょんの
離婚、ほのかりんとの交際、未成年飲酒問題発覚に
活動自粛など波乱に満ちたこのバンドを陰で支えてきた
スペースシャワーミュージックとの契約満了から再契約
しないことで合意したという。

このタイミングでこの報道が意味する事とは・・・

ゲスの極み乙女事務所も川谷絵音にハシゴを外した?

事務所との協議の上での再契約無しで、円満退社
報道されたが、その背景はそこまで単純ではないようだ。

年明け早々のベッキーとの不倫発覚後もベッキーが
CM契約10社全ての降板に続く、地上波レギュラー
9番組からも降板して芸能活動自粛に入り世間からの
猛烈なバッシングに合う中、バンド活動を順調に続けて
いたゲスとインディゴの両バンド。

そこに追い打ちをかけるように、未成年だったほのかりん
との飲酒問題発覚で、ほのかりんもタレントとしての
舞台とレギュラー番組の降板、敷いては謹慎状態だった
事務所からも事実上解雇となったほのかりん。

そしてその流れを汲んで12月3日にようやくゲスとインディゴ
両バンドの休業に入った同月のこの年末に契約更新しなかった
のは事実上の事務所からの三下り半と思って間違いないのでは?

インディース時代からデビューしたゲスの極み乙女を
バックアップしてきた事務所がこのタイミングで手を
引いたとなると、休業状態のゲスの極みとインディゴの
再開開始時期がはっきりしない中、所属事務所が無い状態
になる両バンドに良い影響があるとは思える訳もない。




Sponsored Link

ゲスの極み乙女の今後の見通しとは

休業に入ったもののその復帰時期の名言をさける
中、休業は恐らく早くても半年で、来年の夏前位
をメドに復帰するのでは~と言われてきた。

川谷
だが、今年のこのえのぴょんのお騒がせぶりに
どこの事務所が手を挙げるのか?

才能は認められつつも社会人のモラルの低さが
まさかここに来て復帰への足踏み状態となるとは
思わず、30日の同会社の契約更新無しの情報から
一体どの事務所が、名乗りを挙げるのか、まずは
その段階が問題だと言えるだろう。

ついに支えてもらえると思っていた事務所からの
ハシゴ外しに、問題の張本人えのぴょんがどう対応するのか・・・

おわりに

活動自粛から、1ヵ月を待たずの契約更新無しのこの状況はとても今後の復帰を待つファンからしたら順調とは言い難くかと言って、復帰のタイミングも慎重に行かなければ相当難しい現状のこの事務所の三下り半。いよいよゲスの極みがヤバくなってきたようで益々目が離せない。




Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 川谷アイキャッチー
  2. ゲス極アイキャッチー
  3. 川谷アイキャッチー
  4. 川谷ツイッター
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。