川谷絵音の両親は息子の不貞にコメントするも非常識と言われてた!

この記事は3分で読めます

改めて少しこの不倫騒動が鎮静化
された今、えのぴょんがベッキーに
実家御招待の事実がやっぱり凄い。

思いきった発想と言うか自由過ぎる
というか。

この騒動には一般人てある彼の両親も
巻きこまれた事となりその対応に、悲しい
かな非常識とも言われたらしい。

本当に非常識なのはむしろ、えのぴょん
だと思うのだが、その事実を追ってみよう。
Sponsored Link



川谷絵音のベッキー禁断愛で実家にご招待

去年末の大躍進とも言える2015年の活躍で
年末には歌手の大道紅白にも出場した
ゲス極メンバーとえのぴょん。

川谷実家
当然紅白と言ったら出演しただけでメジャー
扱いで格が1段も2段も違う扱いになると言われます。

それは一般人でも同じ。
この紅白出場をそうそうに引き上げえのぴょんは
いきようようと実家である長崎に嫁を連れて帰省の
予定のはずを、まさかのベッキーを連れて堂々帰省。

川谷実家
これに当然レギュラー11本、CM10本の売れっ子
タレントのベッキーを知らないはずもなく、相当
面喰った両親は、ベッキーをもてなしたそうです。

長崎で現役の高校教師を務めるえのぴょんの父親に
関しては、かなり張りきったのでしょう。

ベッキーと自慢の成功した息子を連れて長崎案内
までしたそうです。

そこを既に、えのぴょんの浮気調査に探偵を雇って
いた嫁はとことん、女の影を疑い調査続行で現地まで
探偵&文春の魔の手が、盛り上がる2人をしり目に
偵察して結局現場をキャッチされます。
川谷実家

この時の写真が大きく文春に1月7日の発売で発行
される事がわかったのでベッキーが謝罪会見を6日の
前日に開くのです。

川谷絵音息子の不貞に結婚の事実も知らなかった!

しかし、この事実と共に、ファックスのみで
一切の会見を開かないえのぴょんに対して、
結婚してる息子にどうして、ベッキーを
もてなしたのだ!と実家にも取材が押し寄せた
みたいです。

かなり気の毒です。

だが、えのぴょんを悪く言いたくないのに
事実はえのぴょんがゲス男過ぎてとても避けて
通れません。汗

川谷親
えのぴょんは、両親にも2015年7月に結婚した
事実を話してなかったのです。

これに関してまさかそれは無いだろう~
と言った見方もあるようですが、個人的に
田舎で(勝手な想像)高校教師と言う職業に
付いていて、まさか結婚の事実を知っていたら
どうですか?

さすがに長崎案内は無いと思いますよ。
全くえのぴょんをかばうつもりありませんよ。

才能がある息子なんで親も普通と違う苦労があります・・・

実家に連れてきたなら招いて食事くらいは
させても、長崎案内って、それは無いと思います。

知ってって案内したなら親子ともども最強ですが・・・




Sponsored Link

川谷絵音の両親のコメントは非常識だったのか?

この取材人に対して「知らなかった」
コメントした両親に世間が、んな訳あるか~
ちゅう事で非常識すぎだろ!と非難の声が
あがったそうです。

あくまで憶測だけですので、言いきれはしませんが
『知らなかった』んだと思いますけど、
川谷コメント
どっちみち言いよう無いですよね。
27歳になった息子が東京から帰省するのに
人気タレント連れて帰ってきたんですよ。

知らないからこそ、長崎案内を堂々と出来たのでは?
としか思えません。

嫁がいて、ベッキーとは不貞の不倫だと分って
たら、私なら長崎ちゃんぽん食わせてさっさと
帰ってもらいます。


当たり前です。案内なんて御免です。
関連記事
川谷絵音嫁と復縁を選んだ理由は何故?サイバー警察に逮捕される?
川谷絵音「妻もベッキーからもすぐに離れたい」の結論がスゲーWW
川谷絵音(えのぴょん)の女がハマる魅力がすごいよはどこら辺?
川谷絵音はベッキーを捨てた!別れようかなの切り替えが凄過ぎる?
川谷絵音の才能をどうしても感じるこの曲2選が好き過ぎる!
ゲスの極み乙女の最初のおススメ名曲ナンバー5!全曲動画あり

まとめ

しかし、えのぴょんは、親不幸で女泣かせです。自慢の息子は
東京で歌だけじゃなく、何やっとんじゃって気分でしょう。
長崎の地元高校では生徒からバレンタインに毎年チョコもらう
くらい人気の先生らしいですよ。えのぴょんしっかりしてくれ。
この頼りなさが、えのぴょんの魅力なのかな~たまにイラつきますが・・・笑




Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 川谷アイキャッチー
  2. 川谷アイキャッチー
  3. 川谷アイキャッチー
  4. 川谷アイキャッチー
  5. 川谷絵音アイキャッチー
  6. 梅沢アイキャッチー
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。