川谷絵音をベッキー会見で擁護。涙目でそれぞれの立ち位置ある

この記事は3分で読めます

先月の5月13日に104日ぶり「金スマ」での
テレビ復帰をしたベッキー。

ところが、その後の世間からのバッシングにやっぱり
好感度タレントが売りだったベッキーは世間の声をシカと
するわけにはいかず、「金スマ」から約1カ月たった
6月10日に一門一答の会見を開いた。

この場で不覚にもウルッときたのが、この場に及んで
ベッキーがえのぴょんを擁護したこと。

思わず、感動したベッキーとえのぴょんの不倫関係
最後のケジメ編を追ってみよう。




Sponsored Link

川谷絵音との最後のケジメ~ベッキーの会見

おそらく、先月5月13日の「金スマ」での104日
ぶりのテレビ出演でミソギを済ましたつもりだった
ベッキー。

だが、その後の世間の批判や、LINEの内容や最初の
1月6日の謝罪会見での世間に対しての嘘に対しての
謝罪がないとして、相当な批判があったらしく、一昨日
やはり一門一答での会見を開く予定を発表。

それが証拠に、「金スマ」で謝罪やベッキーなりの
事実を打ち明けたはずなのに、休業以前にあったレギュラー
番組への復帰への声は各番組からかからない状態だった。

その批判の大きさに世間の声に逆らう事が出来ず
6月10日に改めてBSスカパー!「FULL CHORUS~音楽は、
フルコーラス~」
(火曜後9・00)の場で記者会見を
行った。

川谷絵音にもう会う事はないと思う

会見全文がこちら~

川谷ベッキー

-仕事復帰の感想は

 「お仕事させていただけるのが有り難い。お仕事をする場があるのは有り難い。うれしい気持ちです」

 -反省期間は具体的に何をしていた

 「反省という気持ちがベースにあってですが、家の中でできることをやっていました。料理の勉強とか」

 -川谷との不倫は事実なのか

 「事実です(涙目)申し訳ない気持ちでいっぱいです」

 -川谷と最後に連絡をとったのはいつ

 「1月の中旬、内容は控えさせていただきます」

 -川谷が出てこないが

 「それぞれ考え、立ち位置がある。私は特に…」

 -今後の恋愛は

 「今はまだお仕事のことしか考えられない」

 -もし将来、恋愛することがあれば

 「人を傷つけない恋愛をしたい」

 -川谷の奥さんと会う前に番組ロケの収録があったが

 「配慮が足りなかった。すみません」

 これからはどういうベッキーを

 「自然体でいられたらいいなと思います」

 川谷への気持ちは

 「いつとは言えませんが徐々に思いが冷めてきた。はっきりとは覚えていない。会うことはもうないと思う」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160610-00000056-dal-ent引用        





Sponsored Link

川谷絵音にベッキー涙目で「それぞれの立ち位置ある」

最後にえのぴょんとの連絡を取ったのはいつかと聞かれたベッキーは
「金スマ」同様1月中旬と答え。

その後が問題!

えのぴょんの会見も開かない、その後なんら変わりなく
音楽活動を行っていた事について質問が及ぶと、
ベッキー涙目
何とベッキーはえのぴょんを批判せず擁護の体制を取った。

『それぞれの立ち位置があります。私は別に・・・・』
と、その後は言葉にならず、批判もせずで締めくくった。

何か、余計にえのぴょんが情けない立ち位置にも
思えるのは気のせいだよね?笑

きっときのせい・・・汗
なぁんかちょっと可哀相になってくるわ・・・
やっぱね~ベッキーもきっと言い分は沢山あったはず。
だけど、ほぼ全部彼女が被ったもんね・・・

で、えのぴょんにだって文句の一つ言いたい事は絶対
あると思う。あたしがベッキーならやっぱり言いたいもん。

それら全てを押し殺しての今日のまたしてもの会見
辛かっただろうな~って。

せめてベッキー陰ながら応援してあげましょうね・・・
心優しいえのぴょんファンならそうしてくれますよね~汗

おわりに

これで、ベッキーも一応のケジメはついたはず。今回の
えのぴょんとの不貞行為では恐ろしく叩かれた二人だから
ベッキーにも頑張って欲しいかな~って思います。
もちろんえのぴょんもね。でもベッキーはやっぱり分が悪かったと
思う今日この頃です・・・いい男ゲットしてほしいって心から願うわ~
しかた無いからね、えのぴょん 汗




Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 川谷アイキャッチー
  2. 川谷絵音アイキャッチー
  3. 川谷アイキャッチー
  4. 川谷アイキャッチー
  5. えおんアイキャッチー
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。