ゲス極川谷絵音(えのぴょん)野球賭博の巨人高木京見習え集中非難

この記事は3分で読めます

川谷アイキャッチー

えのぴょんへの非難が止まらない。
連日報道のえのぴょんのファンライブ
&文春インタビューでの発言にとまらぬ
ブーイングの雨あられって感じです。

相次ぐゴシップの一つとして球界で話題の
巨人選手の野球賭博問題は大きく取り上げ
られています。

その渦中の人物で先日謝罪号泣会見を
開いた高木京介氏。

この高木京介さんの、悪い事とはいえ、潔い
謝罪会見と、まさかのえのぴょんの発言or
態度が比較対象されだすという、緊急事態です。

えのぴょん大、大ピンチ~
明日から全国ツアーのえのぴょんの集中非難
状況を追いましょう。
Sponsored Link



川谷絵音(えのぴょん)巨人高木京介見習え?

何だか、だんだんと話しが大きくあさってに
それてないか、これと思いますが、それでも
かなり強引に良い方向に考えると、それだけ
えのぴょんが注目されてる?と思うべきなのか?

正直最近よく分からなくなっている管理人です。(´・ω・`)

先日のえのぴょんのライブでの逆キレ発言から
すでに10日。
川谷高木
「謝れっていうけど、誰に対して謝ればいいの」
発言です。この自論に世論は大騒ぎのブーイング・・・

最新文春の発売が10日。
まさかのセンテンススプリングでのインタビューに
答えたえのぴょんは、その後の報道の大きさに
まさかの3カ月ぶりツイッターまで更新しての
発言。
川谷高木
そのツイッターでとりあえず

「いろんな切り取られ方をしてますが『誰に謝ればいいのか』の発言はファンや関係者の皆さんに対しての言葉ではありません。」

と、ツイート。

だけど、これもまた逆効果・・・・

対する野球賭博で9日に号泣会見した高木京介選手
川谷高木
自らの悪かった、賭博をした事実、またそれらを
隠ぺいすべく球界の調査にも嘘をついた事。

これらを踏まえ正直に洗いざらいを告白。

号泣しながらの誠実かつ真摯な姿に全く共通点
が無いにも関わらずタイミング的に時期が
かぶったというだけで、えのぴょんに火の手が・・・・





Sponsored Link

川谷絵音(えのぴょん)に集中非難攻撃・・・

内容や活動の場は違うとはいえ、一有名人、
一社会人として、ルール違反を清く認め、
正々堂々と会見して、キッチリ恥を捨てての
謝罪会見をした高木京介氏。

行った事に同情の余地はないにしても
きちんと謝罪する人間に対して許して
やろうと思うユーザーが多かったらしく、
川谷非難
野球ファンからは「何とかしてやれないか?」
の多数の声が出ているらしい。

日本人らしいというか、なんというか・・・

対する時を同じくして、完全開き直った感の
あるえのぴょんには各大物タレントはじめ
世論やライターからも、本人の思惑とは裏腹に
大ブーイング。

年齢も高木京介氏26歳。えのぴょん27歳と
分が悪いことにえのぴょんが一つ年上。(-.-)

同じ大学出の社会人として、謝罪会見を開き
罪を認めて誤った高木京介氏と、かたや、
川谷非難
「誰に謝れはいいの」発言のえのぴょんと
比べられて「高木を見習え!」の非難ゴーゴー
なんだとか・・・汗

芸能ライターいわくえのぴょんの今回の発言は

「川谷がプロミュージシャンとしての自覚を持っていないことが
分かりますね。プロの道を選んだ彼はすでに芸能人であり、
色恋事も“内輪”では済まされませんが、そんな立場に気づいて
いないようです。しかも今回の件では相手のベッキーがすべての
CMを降板するなど、すでに内輪に留まらない影響が出ています。
それでいて謝罪会見など頭の片隅にもないようでは、
社会人失格と言わざるを得ないでしょう」
          netallica引用

川谷非難
どんどん言わなくていい事まで言いまくるえのぴょん。
そして確実に報道されるヤバい構図が・・・

ヤバヤバヤバヤバヤバ・・・
ごもっともですね~汗  
こうしてえのぴょんの集中非難は止まらない状況に
どんどん進んでいく感じなのです。汗

おわりに

えのぴょん図太いとか、言われる強靭なハートを持ち始めてる
ようだけど、大丈夫かな~明日から全国ツアーのゲス極メンバー。
歌の世界は最高なのに、えのぴょんのマイワールドがかなり怪しい
世界になりつつあるんだけど~音楽だけで跳ね返せるかな?
その威力見せてよ~えのぴょん・・・




Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 川谷絵音アイキャッチー
  2. 川谷アイキャッチー
  3. 川谷アイキャッチー5
  4. 川谷アイキャッチー
  5. アイキャッチーゲスの極み
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。